歯周病を治すには? 歯周病に効果的な歯磨き粉

歯周病に効果的な歯磨き粉

歯周病の症状(口臭、歯茎からの出血等)に悩まれている方の中には、何とか自分で治そうと思い、「歯周病が治る歯磨き粉はないか?」と考えられている方もいらっしゃるかと思います。

歯周病が治る歯磨き粉はあるのでしょうか?

ここでは、歯周病と歯磨き粉に関して解説いたします。

歯磨き粉を変えたとしても、歯周病は治らない

最近、「歯周病菌に効く」と謳っている歯磨き粉が多数販売されていますが、結論、歯磨き粉を変えるだけでは、歯周病を治すことはできません。

確かに、歯周病菌に有効な成分が歯磨き粉に含まれていれば、歯周病菌を初め、虫歯菌など多くの細菌を殺菌することができます。

ただし、歯周病菌が多く生息する歯周ポケットは、歯と歯茎の間の狭い溝の部分のため、歯磨き粉の成分が届きずらいこと、また、歯垢(プラーク)やバイオフィルムは殺菌成分だけではなくならないため、結局歯周病菌は残ってしまいます。

正しいブラッシング(歯磨き)がより重要

正しいブラッシング(歯磨き)がより重要

いくらよい歯磨き粉を使っていても、その成分が歯周病菌が生息している箇所まで届かなければ意味がありません。

つまり、良い歯磨き粉の効果を最大限だすためには、良い歯磨き(ブラッシング)が重要だ、ということです。

歯磨き(ブラッシング)は、自分では完璧にできていると感じていても、検査をしてみると実は磨き残しが多く、細菌の塊(プラーク)が口腔内に多くのこっている、という状況になっている方が多くいらっしゃいます。

まずは正しい歯磨き(ブラッシング)の方法を理解し、実践していただいたうえであれば、歯磨き粉にこだわることで、歯周病の予防や症状の改善に期待できます。

ただし、あくまでも歯周病の予防や症状の改善への効果に期待ができる、というだけで、歯周病の治療ができるわけではありません。治療したい方は、まずは歯科医院に相談することが一番効果的な方法です。

ブラッシングの仕方についてはこちら

歯周病予防のための歯磨き粉の選び方

歯周病予防のための歯磨き粉の選び方

歯周病予防や歯周病の症状の改善のためには、どのような歯磨き粉を選べばよいのでしょうか?

いくつかのポイントをご紹介いたします。


殺菌効果で選ぶ

歯周病とは細菌によって歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支える骨を溶かしてしまう病気のことです。

歯周病を予防したり、症状を改善するためには、この歯周病の原因となる細菌(歯周病菌)を減らすことが重要です。

その為、歯磨き粉選びは殺菌作用の高い歯磨き粉を選ぶことが大事です。

■歯周病菌を殺菌するのに効果のある歯磨き粉に含まれている成分

フッ素 歯磨き粉に添加されたフッ素は、歯を強化し、虫歯や歯周病の原因となる細菌の活動を抑制する。
トリクロサン 抗菌る効果がある成分で、歯周病を引き起こす細菌の繁殖を抑える働きがある
クロヘキシジン 抗菌性が非常に高く、口内の細菌の成長を抑制し、歯周病の進行を防ぐ
パーマクリン 蚊取り線香などで使用される殺虫剤ですが、歯周病菌にも効果がある

これらの成分は、歯周病菌の増殖を抑え、口腔内の健康を維持するのに役立ちます。ただし、それぞれの成分には適切な濃度や使用方法がありますので、歯科医に相談することが重要です。


炎症を抑える効果で選ぶ

歯周病にかかってしまうと、歯茎が腫れてきます。歯茎が腫れた状態で歯磨きをすると、出血したり、痛みを感じる場合もあります。そうなると、歯磨きも十分に出来なくなってしまいます。

また、歯茎が腫れてしまうと、歯周ポケットまで歯ブラシが届きにくくなり、効果も減少してしまいます。歯磨きの効果を十分に発揮するためにも、歯茎の炎症を抑えることが重要です。

歯磨き粉に含まれる炎症を抑える成分は、上記であげた殺菌成分以外に、

・ハーブエキス
・アロエベラ
・ビタミンE

などがあります。


研磨剤が多く入っている歯磨き粉は避ける

歯磨き粉の中には、ホワイトニング効果をもつものもあります。

そういった歯磨き粉には、葉の表面を磨く研磨剤が多く含まれています。

歯磨き粉の研磨剤は歯の表面 にこびりついた汚れを落とすために使われますが、歯周病で歯茎が下がってくると「象牙質」と呼ばれる、やわらかい部分が表面に出てきてしまい、研磨剤が多く含まれている歯磨き粉を使用すると、この象牙質を削ってしまう場合があります。歯は一度削ってしまうと、再生しないため、象牙質の部分を研磨剤によって削ってしまうと、歯の強度が落ちたり、削った分だけ歯の中心にある神経に近づいてしまうため、知覚過敏を引き起こしてしまう場合があります。

歯周病の予防や症状の改善を行いたい場合は、防腐剤の少ないものか防腐剤が入っていない歯磨き粉を選ぶことが大切です。

歯磨き粉選びも含め、医師に相談することが一番よい

歯磨き粉選びも含め、医師に相談することが一番よい

先述もいたしましたが、歯磨き粉を変えたとしても、歯周病を自分の力だけで治療することはできません。また、歯周病の予防や症状の改善という点に関しても、正しい歯磨きの方法を行わなければ、歯磨き粉を変えても十分な効果を発揮することができません。

さらに、どんなに歯周病予防に効果的な成分だとしても、ご自身の体に合うとは限りません。(成分にアレルギーなどがあった場合、ほかの問題が起こってしまう場合があります。)

いずれをとったとしても、歯周病に関する悩みは、ご自身だけで考え判断せず、専門家に相談することが一番効果的です。

ウケデンタルクリニックでは、どんな相談でも丁寧にお受けいたします

ウケデンタルクリニックでは、どんな相談でも丁寧にお受けいたします

ウケデンタルクリニックでは、歯周病の治療方法はもちろんですが、患者さまの小さな悩みに対しても、丁寧にお答えいたします。

歯周病で悩まれている方はもちろん、「もしかしたら歯周病かもしれない」という心配がある方も、是非ご相談にいらしてください。

ウケデンタルオフィス
総院長 兼 神谷町本院 院長

宇毛 玲(うけ あきら)

当院では、自由診療(自費診療)のみに限定し、精密な検査、十分なご説明、そして幅広い治療法を行うことにより、最善の治療を提供できる環境を整えております。もちろん、技術力の研鑽にも力を注いでいます。

一時的に治すだけの歯科治療では満足できない方、一生モノの健康な歯を手に入れたい方、症状が重度で治療を断られてしまった方、ぜひウケデンタルオフィスへご相談ください。

経歴

1993年 明海大学歯学部 卒業
1994年 山の手歯科医院 院長
2000年 東京八重洲クリニック 院長
2005年 ウケデンタルオフィス 開院

所属学科

日本臨床歯科学会認定医
東京SJCD会員
SJCDベーシックコースインストラクター
日本臨床歯周病学会会員


TOP