よく聞くけどわからない 歯周病と歯槽膿漏の違い

歯周病と歯槽膿漏って何が違うの?

口腔内のトラブルとして、「歯周病」「歯槽膿漏」「歯肉炎」などの言葉をよく耳にします。それぞれ似たような名前で、違う病気なのか?何が違うのか?というのがよくわからない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
ここでは、「歯周病」「歯槽膿漏」「歯肉炎」は何が違うのか?に関して解説していきます。

歯周病とは

歯周病を発症する方の中には、毎日歯磨きを行っていても歯周病になってしまったという方もいらっしゃると思います。
プラークを取り除くためには歯磨きは欠かせませんが歯磨きだけではプラークを取り除くことはできません。毎日丁寧に歯磨きをしている方でも磨き残しがある場合がほとんどです。特に歯と歯の隙間や奥歯、歯並びの悪い部分はブラシが届かず、磨き残しの多い部分です。そのため、ブラッシングだけでは歯周病を防ぐことは難しいでしょう。

歯周病と歯槽膿漏って何が違うの?

歯肉炎

歯茎が炎症している状態。軽度の歯周病のことをさしており、歯磨きやフロス時、硬いものを噛んだ時に出血が起こるようになります。

歯周炎

歯肉炎がさらに進行すると、歯茎だけでなく、歯周組織(歯根膜、歯槽骨)にまで広がっていきます。この歯周組織まで広がった状態を歯周炎といいます。歯周炎には、軽度~重度まで段階があります。軽度の頃は、歯茎の腫れや出血に加え、冷たいものがしみる・口臭が強くなるといった症状になり、中等度、重度となるに連れて、歯のぐらつきや膿の排出などが見られるようになっていきます。

歯槽膿漏

歯槽膿漏は、上記の歯周炎が最も進んだ状態のことを指します。歯茎が腫れ出血したり、膿がでたり、ひどい口臭がします。さらに、炎症が進んでいくと歯槽骨(歯茎の内側の歯を支える骨)が溶け始め、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。


このように、歯肉炎や歯槽膿漏は、それぞれ歯周病の進行段階を指す言葉です。

歯周病の予防と対策

歯磨き

日本人の8割は歯周病、と言われています。ただし、歯周病の進行は気づきづらく、そのまま放っておくと進行が進み、気づいたら重症化しているなんてこともあり得る病気です。 歯周病の症状が進んでしまうと、歯を失うリスクが高まってしまいますが、早期に発見・治療を行うことで、歯を失うリスクを軽減することができます。

まずは予防として、日々の正しい歯磨きの徹底、生活習慣の改善を行いながら、歯科医院への定期健診・クリーニングを行いましょう。

歯科医院に定期的に通うことによって、歯周病の早期発見・早期治療だけではなく、口内トラブルが起きないための予防につながっていきます。

ご自身の歯は一度失ってしまうと、新しく生えてくることはありません。

1本でも多くの歯を残し、ストレスの少ない日常を送るためにも、歯科検診を受けることがおすすめです。


ウケデンタルオフィス
総院長 兼 神谷町本院 院長

宇毛 玲(うけ あきら)

当院では、自由診療(自費診療)のみに限定し、精密な検査、十分なご説明、そして幅広い治療法を行うことにより、最善の治療を提供できる環境を整えております。もちろん、技術力の研鑽にも力を注いでいます。

一時的に治すだけの歯科治療では満足できない方、一生モノの健康な歯を手に入れたい方、症状が重度で治療を断られてしまった方、ぜひウケデンタルオフィスへご相談ください。

経歴

1993年 明海大学歯学部 卒業
1994年 山の手歯科医院 院長
2000年 東京八重洲クリニック 院長
2005年 ウケデンタルオフィス 開院

所属学科

日本臨床歯科学会認定医
東京SJCD会員
SJCDベーシックコースインストラクター
日本臨床歯周病学会会員


TOP