歯周病治療の基本 スケーリングとルートプレーニング

歯石を除去するスケーリングとルートプレーニング

歯周病菌の住処である歯石を除去

みなさんは、歯科医院で『歯石取り』をされたことはありますか?
機械を使って歯石の除去や歯の表面のお掃除をされて、お口の中がスッキリとし、爽快感を得られた方も多いのでは無いでしょうか。今回はいわゆる『歯石取り』はどのように行われているのか、もししなかった場合どうなるのかをお伝えしていきます。

スケーリング、ルートプレーニングとは

いわゆる歯石取りのことを、歯科の専門用語ではスケーリングもしくはスケーリング・ルートプレーニングと呼ぶことがあります。定義は以下のとおりです。

スケーリング(scaling)
歯の表面の歯石やバイオフィルム(細菌の塊)の除去を目的とした処置
ルートプレーニング(root planing)
セメント質に嵌入した歯石や罹患したセメント質を除去し、歯根表面を硬く平滑にする処置

スケーリングはともかく、ルートプレーニングは小難しくてよくわかりませんね。
ルートプレーニングは簡単に申し上げますと、歯の根(root)についた汚れを落として、ツルツルの平ら(planing)にして汚れを付きづらくしよう、という処置です。 実際の臨床において、スケーリングとルートプレーニングの明確な境界は無く、両者は一連の作業として行われます。 また、頭文字を取ってSRPとも略されます。

歯石除去に使用される器具と手順

歯周病治療で欠かせない歯石除去をする際に使用する超音波スケーラーと手用スケーラー

私たちは『スケーラー』という道具を使って歯石を落としていきます。
スケーラーにも多くの種類があります。超音波スケーラー、手用スケーラー、エアースケーラー、ロトソニックスケーラー…等々。手用スケーラーも、シックル型・キュレット型・チゼル型・ファイル型と分類され、歯石の付き具合によって使い分けられます。

主に使用されるのは、手用スケーラーと超音波スケーラーでしょうか。 これらを用いて、歯石の除去を行い、歯や根の表面をツルツルに磨いていきます。

歯の表面に付いたバイオフィルム(細菌の塊)も歯科専用の器具によって落とします。 バイオフィルムは歯ブラシで落とすことは出来ません。 ブラシやゴムのカップにペーストを付け、歯の表面を一本ずつ丁寧に磨いていきます。

これらの歯面の汚れを取り除くことにより、歯肉の状態が改善され、より良好なお口の中の環境が手に入れられるでしょう。

レーザー治療の併用でさらに良い効果が

重度歯周病に効果的な歯周病レーザー治療

しかし、ここで一つ問題があります。スケーリング・ルートプレーニングは、汚れの機械的な除去のみで、歯の表面や歯肉の中に入ってしまった歯周病菌を殺菌することは出来ません。
そこで、スケーリング・ルートプレーニングにレーザー治療を併用すると、さらに良い効果を上げることが出来ます。

レーザーの熱と光によって、スケーリング・ルートプレーニングでは取りきれなかった細菌の死滅をはかることが出来るばかりでは無く、ダメージを受けた歯肉にも作用し、歯肉の治癒や歯根との付着を促します。

当院ではレーザーを用いた歯周病治療を行っております。
ぜひ一度ご相談ください。


TOP