重度歯周病の92.2%を抜かずに治す「Oral Revive プログラム」

ウケデンタルオフィスの歯周病治療 Oral Revive プログラムとは?

Oral Revive プログラムは医師に抜歯を宣告されたケースでも可能な限り保存できる歯は「抜歯をしない」歯周病治療プログラムです。
重度の歯周病を治療するには高度な技術が必要となり、医師の技量不足のために安易に抜歯やインプラントを勧めるケースが多々あるようです。しかし、抜歯をせずに天然の歯を残せるのであれば残すのが最善の選択です。
当院では、現代歯科医療の最高技術を駆使して、きめ細やかな治療を行ってまいります。

Oral Revive プログラムについて

あなたの歯周病の進行度は?

軽度の歯周病
歯周ポケット:4~5mm
歯肉の赤み
歯茎の腫れ
歯茎からの出血
中等度の歯周病
歯周ポケット:4~6mm
歯がグラグラする
歯茎が下がり、歯根露出が始まる
口臭や歯肉のかゆみがある
唾液がネバつく

抜かずに治療できる範囲

重度の歯周病
歯周ポケット:6mm以上
硬いものを噛むことができない
歯肉が大幅に退縮している
排膿(膿が出る)
自然出血する頻度が増える

抜歯後、インプラント義歯となることがある範囲

Oral Reviveプログラムによって抜かずに治せる可能性があります

歯周病とは

歯を抜かない3つのメリット

食感・感覚をそのまま楽しめる

近年、インプラントや義歯は優れたものになってきました。しかし、どんなに優れていても、元々ある天然歯と比較すると食感や味覚はどうしても損なわれてしまいます。歯と顎の骨は歯の根の部分にある歯根膜という膜に支えられています。この歯根膜は歯周組織への栄養補給(免疫力)、クッションの役目、歯の間隔を脳に伝えるなどの役割があります。この重要な役割をもつ歯根膜ですが、抜歯をしてしまうとなくなってしまうため、噛む力を調節できなくなり、本来の感覚と異なります。歯根膜を残すことで、口腔内の健康を保つことができ、そのまま食事を楽しむことができます。

再発防止、口腔環境内の維持

口腔内は常に多くの細菌がいます。一時的に細菌の数を減らしても、治療後のケアを怠ってしまうと細菌の数はすぐに増えてしまいます。これが、歯周病が再発しやすい病気である原因です。

天然歯の場合、歯根膜等の歯周組織が細菌に対して抵抗力を持っていますが、インプラントにした場合、歯周組織がないため、天然歯と比べて何倍ものスピードでインプラント周囲炎という歯周病が進行してしまいます。

生涯医療費の軽減

重度の歯周病であっても歯を抜かずに保存することができれば、入れ歯やインプラントと比較して患者様の経済的負担を軽減することができます。また、一時的な負担軽減のみならず、口腔環境の維持も容易にできるため、長期間で見てみても医療費を軽減することができます。

治療症例


TOP