痛みを伴わない歯周病治療 PDT療法

PDT療法とは?

歯周病菌を何度でも殺菌できるPDT療法

PDT療法は光線力学療法を利用したものです。患部にレーザーを照射し歯周病菌を破壊する歯周病治療です。歯科の代表的なPDT療法にはペリオウェイブというものがあります。

PDT療法はメチレンブルーが主成分のバイオジェルと無熱ダイオードレーザーを使用して治療を行います。無熱ダイオードレーザーをバイオジェルに照射するとレーザーの周波数がバイオジェルに化学反応を起こします。これにより、染色体の周りにある酸素分子が活性化され、歯周病菌であるグラム陰性菌の細胞壁に対して毒性のある遊離基を発生させることができます。この遊離基がグラム陰性菌を死滅させます。

PDT療法はグラム陰性菌に対しては毒性がありますが、人体に対しては安全な物質です。痛みも発生しないため、毒素以外にはダメージを与えない非常に安全性の高い歯周病治療です。


PDT療法のメリット

抗生物質を用いない歯周病治療

抗生物質を用いない歯周病治療

PDT療法の最大の特徴は抗生物質を使わないで歯周病を治療できるという点です。これまで、歯周病治療は抗生物質を使った治療が主流でした。しかし、抗生物質は始めのうちは高い効果があっても、使用するうちに抗体ができてきてしまいます。そのため、何度も抗生物質で治療を行っていると薬に対する有効性が減少していしまっていました。しかし、PDT療法で歯周病治療を行えば抗生物質を使用しないので、抗体ができる心配もなく、メンテナンスなどで菌を除去する際などでも高い効果を出すことができます。

痛みを伴わない歯周病治療

PDT療法で使用するレーザーは無熱ダイオードレーザーで、低温のレーザーです。そのため、痛みなく治療を行うことができます。

また、PDT療法は化学反応で発生した活性酸素が歯周病菌の細胞壁を破壊し、歯周病菌を死滅させる治療法ですが、細菌以外の歯周組織などにはダメージを与えないので、痛みを感じません。

PDT療法の治療の流れ

Step. 1

歯周ポケットに住み着いた細菌

歯周病は歯周組織が細菌に侵されて発症する病気です。細菌を取り除くことから治療はスタートします。バイオジェルを歯周ポケットに満たして殺菌を行うため、細菌の住み着いている歯周ポケット内の歯石を取り除きます。

従来の歯周病治療であるスケーリングやルート・プレイニングなどと併用することでPDT療法の効果はより高くなります。反対に、これらの治療が不十分だとPDT療法の効果は期待できないものになってしまいます。


Step. 2

歯周ポケットへバイオジェルを注入

バイオジェルを歯周ポケットに注入します。バイオジェルが注入されると歯周ポケット内の歯周病菌とジェルの光感受性物質が結合されます。このバイオジェルは飲み込んでしまっても人体に害はありません。


Step. 3

化学反応による活性酸素の発生と、それによる細菌の死滅

患部を60秒ほど照射すると、化学反応によってバイオジェルが活性酸素を発生させます。この活性酸素が細菌やウイルスを死滅させます。


Step. 4

悪質な病原菌を根絶

レーザー照射後に、死滅させた細菌を丁寧に洗い流します。悪質な病原菌を根絶することで、炎症の元になる細菌がいなくなり、歯肉の状態が改善されていきます。


TOP